【光熱費】現在住んでいるアパートの水道光熱費公開

スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク

こんにちはっこんばんわ!

かま男です(^O^)/

今回は番外編として今住んでいるアパートの水道光熱費を公開したいと思います

ぜひ、皆さんの水道光熱費と比べて参考にしてみて下さい

スペック

まずは、前提条件です

  1. 木造アパート2階建ての1階(角部屋ではありません)に住んでいて、2階と隣1室には住居人がいます
  2. 間取り/面積 2SLDK/59.5㎡
  3. 家族3人 この時期息子は乳児期(2月ぐらいに里帰りから帰宅)
  4. エアコンはリビングに1台(夏と冬はサーキュレーターを回します)
  5. お風呂は毎日溜めます

水道光熱費公開

それではいきまっしょ!

どうでしょうか(笑)?

1月はかま子が里帰りしてかま男1人でアパートにいたので、安めですが

2月に里帰りが終わり徐々に上昇していってます

令和2年の水道光熱費の年間合計額は287,977円です

これがどれくらいなのかと言うと

総務省統計局「家計調査」2018年9月によると

家族3人暮らしの、平均の水道光熱費は約19,607円

これを12ヶ月✕19,607円=235,284円

かま男家の287,977円ー235,284円=52,693円

平均より約52,693円高いことがわかります

また、各代金の月平均は

  • 水道代が、約4,460円
  • 電気代が、約11,354円
  • ガス代が、約3,035円

となっています

ちなみにかま男家は

  • 水道代が、約6,182円
  • 電気代が、約7,192円
  • ガス代が、約10,623円

ガス代めちゃ高い!!

これはアパート全体でガス料金が決まっているので

安いところに変更できないのが痛手になってます(アパートのガス代は高く設定されているらしい)

どれくらい多く支払うの?

簡単に計算すると、

年間平均より約53,000円高い水道光熱費を定年するであろう60歳まで支払うと

定年まで約30年✕約53,000円=約1,590,000円

なんと約159万円も高く水道光熱費を多く支払うことに(泣)

しかもこれだけ多く支払っているのに快適かと言われれば断言して快適ではありません

なんらな少し我慢しているぐらいです(泣)

低燃費な家

こうやって数字に書き出すと色々分かりますね

数字は嘘をつかないので(笑)

元々光熱費が高いことも不満で家造りに対して、高気密高断熱がいいと思っていました

ウェルネストホームで建てると、快適に暮らせてさらに光熱費も下がるというダブルメリット

快適性を上げるのに光熱費もぐんぐんあがるというのは結局もったいない気がしてなりません

生活に対する価値感は人それぞれですが

このデータと新築の水道光熱費の差が楽しみですね(゚∀゚)

終わりに

今回参考した文献は

 エイブル:http://offer.able.co.jp

 政府統計の総合窓口(家計調査):http://www.e-stat.go.jp

 東京都水道局平成28年度生活用水実態調査:http://www.waterworks.metro.tokyo.jp

スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク
金鯱をフォローする
スポンサーリンク
Hobbyハウス 31歳でバツイチとなった趣味の家の物語

コメント

前の記事
こんにちはっこんばんわ! かま男です(^O^)/ …
タイトルとURLをコピーしました