【融資】住宅ローン本審査へ 銀行の奴隷

スポンサーリンク
マイホーム計画
スポンサーリンク

こんにちはっこんばんわ!

かま男です(^O^)/

先日、住宅ローンの本審査へ行ってきました

こんなに自分の住所や名前を書くことはもうないだろうと言うぐらい

書きまくってきました

これで、本審査が通れば晴れて銀行の奴隷となります

淡々と書類に記入してましたが、多額の借金を背負う書類と思うと恐ろしいですね

それでは本題に入りたいと思います

かま男が選んだ銀行は

ずばり、西日本シティ銀行です

前の記事でりそな銀行が変動金利で0,475%で圧倒的に低くく第1候補で

つなぎ融資が必要だったのでネットバンクは候補にありませんでした

りそな銀行は事前審査をネットでして、事前審査の段階では融資満額で通りました

打合せが進み最終金額も決まり、本審査へ

自分で本審査をまでやりたかったのですが、書類等の不備があったりして

融資が遅れたり、減額での融資になると着工が遅れてしまうと思ったので

営業さんにバトンタッチしました

「りそな銀行は都銀で地方に融資する時結構減額されたりすんですよね」っと言われてました

数日してかま男のTELが鳴り、やはり減額されましたとのことで

なんとその額500万円!!!

おいおいおいおいっ、りそな銀行さん^^;

っということで、りそな銀行は断念!

ここで、営業さんができる方で同時に新たに西日本シティ銀行でも事前審査だけ通して

おきましょうという事で並行して動いてくれており

そのまま西日本シティ銀行になったというわけです(笑)

選んだ金利は

もちろん変動金利1択です

西日本シティ銀行の変動金利は0.975%で保証料一括払いと4つの条件で0.6%になります(現時点のかま男の場合)

  • 給与振込口座
  • オールインワンカード(クレジットカード)電気代や携帯代の支払い等の設定
  • カードローン
  • ダイレクト・アプリのダウンロード

これを実施できれば0.6%の変動金利で借りることができます

もちろんは、かま男は全てします(^^)/

団信について

団信はとても悩みますね(笑)

入るならがん団信なのですが、金利0.1%上乗せになります

ただ、他のがん団信より内容は充実してるので

その点、今の保険を見直して保険料を下げた差額で払えるんではと思っています

内容は、

「配偶者ががんと診断されたら100万円」はオプションらしいんですが

オプションの追加金利はないので、付けている人がほとんどらしいです!

まだ、がん団信については考える猶予があるのでしっかり考えたいと思います

準備するもの

かま男が本審査で準備したものは

  • 令和元年度の給与所得証明書
  • 住民票(家族全員、続柄、本籍入り)
  • 実印
  • 運転免許証
  • 健康保険書

上記を準備して、後は営業さんが+必要な書類を準備してくれました

所要時間

かま男は、遠方からということで何度もすぐに来れないのでまとめて書類に記入しました

だいたい掛かった時間は1時間20分ぐらいでした

これが、早いか遅いかは分かりませんが参考にしてみて下さい

終わりに

営業さんに融資サポートしてもらうともちろんサポート代が発生するため

自分でできる方はした方が余計にお金がかかりません

しかし、今回かま男の場合途中でバトンタッチしたことで

リカバリーができ特に着工等に影響は出ませんでした

サポート代の少しの金額のために、融資が遅れたり融資ができなくなったりして

家の工期全体が遅れたりすると本末転倒なので、ここは慎重に考えた方がいいと思いました

地鎮祭・着工も目の前まで迫って来ました

これからが、とても楽しみですね(*´ω`*)

スポンサーリンク
マイホーム計画
スポンサーリンク
金鯱をフォローする
スポンサーリンク
Hobbyハウス 31歳でバツイチとなった趣味の家の物語

コメント

前の記事
こんにちはっこんばんわ! かま男です(^O^)/ …
タイトルとURLをコピーしました