【上棟28日】大工工事ちょくちょく進んでます!

スポンサーリンク
上棟
スポンサーリンク

こんにちはっこんばんわ!

かま男です(^^)/

5日間程棟梁が他の現場に応援に行かれたので、作業は止まっていました。

そして久しぶりに今日、家を見に行きました。

進捗状況

  • タイベックシートが天井まで貼られて気密テープ処理がされてました。
  • LDK以外の天井は2250になるのでその部分の施工が進んでました。
  • 浴室に石膏ボードが貼られてました。

以上が今回大きく進んだ部分です。

母親が移り込んでます(笑)

杉の無垢床

柔らかく足ざわりも良いとのこで杉を選びました。

傷が付きやすいらしいですが、修復も硬い無垢材より容易とのことで

ノープロブレムです(^.^)笑

ちなみにウェルネストホーム九州では、杉か檜、どちらか選べます。

床材は大工さんが見せてくれました。

 

標準の節有りをそのまま採用しました。

節無しはオプションでもともと採用するつもりはなかったので

オプション費用は分かりません。(すいません)

LDKにあるスタディカウンターの材木も運ばれてました。

奥行き55センチ・長さ190センチの大きな板です。

迫力と重厚感があります。将来ここで勉強してくれるのを期待します。笑

本日はここまで!!

ここまでブログを読んで頂きありがとうございました。

皆さんの家づくりがハッピーになりますように☆彡

おまけ

カリモク60について前回の記事で書きましたが、

展示しているお店があったので実際に見に言ってきました。

ソファーは座り心地が重要と考えていたので、実際に座れて良かったです。

 Kチェア 2シーター

代表作のKチェア!!!

高さ70・奥行き70・座面高さ37はすべてにおいて丁度良かったです。

座り心地はコイルがいい感じに反発して深く沈み込まず、

立ち上がる時も楽で完璧でした。

ロビーチェア 3シーター

ロビーチェアは高さ73・奥行き78・座面高39と全体的にKチェアより深く大きくなっており、

身長が低いかま男にはちょっと不向きでした。

また、「バネ」ではなく「クッションシート」というところでも

座り心地が大きく違ってきます。

小柄な人はKチェアシリーズ良いなと思いますが、決して身長が高い人が

合わないという訳でもなく問題ない座り心地と思います。

シートの素材は色々選択でき、かま男はモケットグリーンで使われている

素材にしようと考えています。

電車やバスなので使われている素材で耐久性・耐摩耗性も抜群です。

故障したりシートが破れても買い替え用のパーツが個別で売っているので

ソファー自体を買い換える必要がないのも良い点です(^^)/

ぜひ、カリモク60を検討してみてはどうでしょうか(^.^)(決して回し者ではありません笑)

スポンサーリンク
上棟
スポンサーリンク
金鯱をフォローする
スポンサーリンク
Hobbyハウス 31歳でバツイチとなった趣味の家の物語

コメント

前の記事
こんにちはっこんばんわ! かま男です(^^)/ 今…
タイトルとURLをコピーしました