【着工26日】配管設置後床にネオマフォーム‼そして木材搬入 

スポンサーリンク
着工
スポンサーリンク

こんにちはっこんばんわ!

かま男です(^^)/

早速進捗状況です。

24日目(3月17日)配管工事

配管が設置されていました。

青色が冷水、赤色がお湯と配管の色で分かれいています。

しっかりコシシートとコシシーラーで防蟻処理されていました。

 

さらに大引き、柱とコシイプレザービングの「緑の柱」を使用するので

白アリ対策は万全です!

緑の柱は、半永久的に効果が持続するそうです。

白アリの被害は馬鹿にできません!

阪神淡路大震災の時、地震による倒壊の被害を受けた住宅の約9割

構造材の腐れ・白アリ被害があったとされているそうです。

25日目(3月18日目)床断熱材

大引きが敷かれ断熱材ネオマフォーム約100mmが入っていました。

隙間と穴に気密テープがしっかり貼られていました。

この気密テープの処理はまだ施工途中と思われます。

ウェルネストホームは床断熱で床下空間は断熱ラインの外側となるため

床の内部に断熱材が入りここで気密ラインを作ります。

そして、床も断熱材がダブルで入ります。

この断熱材の上に100mmの構造用合板、

さらに上に押出法ポリエチレンフォーム保温版が25mm入ります。

これが床暖房なしで床が冷えない理由です!

26日目(3月19日)

この日は、熊本から木材が搬入されてきました。

いよいよ24日の建て方に向けての準備です。

あとは、木材を仕分けしてブルーシートで養生して帰りました。

養生はシワをなるべく伸ばしてさらにタッカーで止められていました。

現場も整理整頓されとてもキレイな状態です。

ここらへんもウェルネストホームはしっかりしていますね(^.^)

終わりに(エコキュートの距離)

ここで少し気になったのがエコキュートからキッチンまでの距離です。

エコキュートから温水が出るので、エコキュートからの距離は非常に重要です。

距離が長いと温水が出るまでに時間が掛かります。

ちなにみかまど家の距離は約11m程あります。汗

この結果は、引き渡し後にしか分かりませんがどうなることやら(・∀・)

温水が出るまでの時間もですが、1番は沸かした温水がこのホースの中に

残って冷えることが1番もったいないと思うんです。

こういうとこも少なからず光熱費に影響するので

エコキュートの距離や水回りを1つにまとめることで改善されると思うので

ぜひ、参考になればと思います。

ここまでブログを読んで頂きありがとうございます。

皆さんの家づくりがハッピーになりますように☆彡

スポンサーリンク
着工
スポンサーリンク
金鯱をフォローする
スポンサーリンク
Hobbyハウス 31歳でバツイチとなった趣味の家の物語

コメント

前の記事
こんにちはっこんばんわ! かま男です(^^)/ 今…
タイトルとURLをコピーしました